誕生日になるということ

どうも、シンガーソングライターの鈴木友和です。
9月26日に誕生日を迎え44歳になりました。

Exif_JPEG_PICTURE

皆さん誕生日ってどう思いますか?

僕は30歳を超えたあたりから誕生日がそれほど
「嬉しい」というものではなくなり、
正直1年に一度仕方なく訪れる日と言っても
過言ではないという感情さえあるものとなっております。

ところが友人知人の誕生日となると別で

「おめでとう!」「良い歳になるといいね」

と、いうように祝いの気持ちが溢れてきます。

自分自身にも友人やお世話になってる人達から
「おめでとう」という言葉を頂いたりもします。
そこは本当にありがたいですね。とても嬉しくなります。

ということは、つまり誕生日とは

「大切な人をお祝いしたい日」

なんじゃないかと思います。


もちろん、
「生まれたことに感謝する日」とか「母に感謝する日」
とか、人によってたくさんの意味がありますよね。

だから一概に定義はないのですが、
僕にとって誕生日は
「周囲に感謝する日」ですね。

自分自身の感情だけにフォーカスしたら
そんなに嬉しくはないんですけどね(笑)

でもキリもいいので、区切りとして
改めて周囲にありがとうという思いを馳せる日です。
元旦みたいだね(笑)

ちなみにアメリカの小説家マーク・トゥエインの格言で

「人生で最も重要な日を二つ挙げるなら、それは生まれた日と、その理由を見いだした日だ」

よ、あります。素敵ですね。

生まれた理由を見いだした日か・・深いな(笑)

ちなみにマークトゥエインってディズニーランドの
アトラクションでマークトゥエイン号って遊覧船の名前でありましたね。
「トムソーヤの冒険」という作品の著書として有名です。

良き歳したいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です